MENU

 社会人になると出会いが少なくなると言うのは、先輩たちからもよく聞いた話でした。
実際に自分が仕事をするようになると、それを痛烈に実感するようになってきました。
仕事を始めた当初は彼女もいたのであまりこの事はきにした事がありませんでした。
週末などにはデートで待ち合わせ、そのままラブホテルで彼女の肉体を使って性処理を楽しむことができていました。
しかしお互いに別々の道を進んでいる事もあって、次第に心が離れてしまったのです。
それでも決してブサメンではない自分だから、出会いのチャンスなんてあるんじゃないかって気楽に考えていたんです。
ところが、彼女と別れて以降というもの女性と出会うチャンスが全く手にすることができない状態になってしまったのでした。
こんなはずじゃなかったなんて考えてみたりもしたのですが、本当に仕事するようになると出会いのチャンスが極端に少なくなるものです。
随分と長い間彼女がいない状態が続いてしまっていて、正直性欲の方ももてあますようになってしまったのでした。
恋人がいた頃は彼女の肉体で気持ちよくなることができましたから、そのことを考えながらシコシコとオナニーを繰り返すばかりだったのです。
彼女は欲しい、セックスがしたい、頭の中はこの事で埋め尽くされている状態になってしまいました。
風俗で性処理をするというのはどうも性に合いませんから、結局はインターネットのエロ動画や画像を見ながらオナニーを繰り返す日々が続いてしまっていたのです。
またオマンコの穴に突っ込みたい、穴の中で気持ちよくなりたいなんて考えが止まらなかったのでした。
社会人になると極端に出会いが少なくなる、これを痛感する日々を過ごしていたのでした。
出会いもないまま、かなりの時間が経過してしまっていたのです。